気を付けよう!酸洗いを行うときの注意点

工程の途中に水洗いが必須

金属をヤスリなどを使わずに表面を綺麗に洗う事ができるのが酸洗いの魅力なのですが、最大の注意点として指摘されているのが「作業工程の途中に必ず水洗いを挟むこと」だとされています。
実は酸洗いをした直後の金属の表面は、ちょっとした衝撃でも傷が付いてしまうほどデリケートな状態になっています。そのため酸洗いだけで作業を終えてしまうと、表面に僅かに残っている酸によって傷が付いてしまったり腐食が進んでしまう可能性があるのです。一度腐食が見られてしまうとその部分を修復するのは困難となっているので、工程の途中や仕上げなどで水洗いをして表面に残っている酸を取り除く必要があります。
そのため水洗いを行うタイミングも重要になっているので、どのタイミングで行えばいいのか確認しておくのが大切です。

使用した汚染水の処理にも注意が必要

酸洗いは名前の通り酸を使って金属の製品の表面を洗っていくのですが、使用する酸は硫酸や塩酸などの取り扱いに気をつけなければいけない危険な薬品となっています。そのため酸洗いを行う場合には対象となる製品が傷ついたり腐食しないように気をつける必要があるのですが、製品だけではなく人体にも直接酸が触れないように服装などにも注意を払う必要があります。
また洗い終わった後の汚染水などは汚染度が非常に高いですし、そのまま洗面台などに流してしまうと表面に残った酸の影響で洗面台などのほうが腐食してしまう恐れがあります。そのため洗い終わった後の汚染水の処理をどのようにすればいいのか確認しておかなければいけませんし、排出先についても調べてから実践する方がいいです。

塗装剥離は傷んだ塗装面を人為的に剥がす行為ですが、方法を誤ると下地を傷つけてしまいます。専用の剥離剤を塗布して古い塗装面を柔らかくすることで、下地を傷めずに剥がすことが可能です。

© Copyright Clean Fast. All Rights Reserved.