教えて!酸洗いって何?

酸洗いってどんなもの?

酸洗いとは、私達の身の回りにある金属製品を作るときに大切な工程の一つです。簡単に表すと、金属を加工しやすくするために酸性溶液に長時間つける作業のことで化学洗浄処理の一つです。酸洗いでは主に、硫酸や塩酸などを使います。これを行う対象になる金属は、熱処理された後、表面にスケールと呼ばれる酸化皮膜が生成されている状態にあります。この、スケールやサビを取り除くために酸洗いが必要になり、処理し終わると金属が加工しやすい状態になります。具体的には、金属同士が密着不良を起こしたり、研磨しても光沢が出なくなったりします。金属の種類によって、加工が必要な理由は様々ですが、金属の加工においては大切な工程の一つなのです。

酸洗いの工程とは…?

酸洗いの工程でいちばん大切なのは、長時間、酸性溶液につけることですが、その手順は少々複雑になっています。酸洗いは金属のスケールやサビを取り除き、その後の作業を簡素化することが大きな目的ですが、酸洗い、酸侵漬、エッチングの3つに分けられることがあります。酸洗いは先ほど説明したようにサビを取る作業で、酸侵漬は、酸化皮膜を取り除くことを指しています。エッチングとは、常温加工の変質層を取り除くために行うものです。酸洗いは目的別に行われ、酸洗いしてから水洗いする工程を何度も繰り返し、純粋洗浄して乾燥させます。乾燥させた金属は錆びやすい状態となるので、すぐに防腐処理が行われます。酸洗いに使われる薬品は危険なものが多いので、安全管理がきちんとなされた状態で行われます。

リン酸処理は金属メッキ処理の一種で、製品に不溶性の皮膜が形成されるのが特徴です。リン酸の皮膜は金属の腐食予防に大きな効果があるので、過酷な環境に置く製品に適しています。また、塗料の吸着性も向上します。

© Copyright Clean Fast. All Rights Reserved.