酸洗いの特徴は?

金型の汚れ落としの方法です

酸洗いとは金型の汚れをきれいに落とすための方法の一つです。
酸洗い以外にも有機溶剤を利用する方法、過熱蒸気を利用する方法などがありますが、酸洗いの場合は手間やコストが掛かるものの、金型の汚れをきれいに落とせるなどの特徴を持ちます。
酸洗いは、元々金属製品を熱処理した時に生じる酸化被膜を除去する目的で行われている方法です。
熱間圧延した金属製品は、熱処理を施す事で表面にスケールと呼ぶ酸化被膜が付着してしまいます。
酸化被膜や錆、成形時に付着した汚れなど、酸洗いを利用すれば、金属表面に付着した酸化物をきれいに取り除いてくれます。
尚、酸洗いは酸溶液の中に漬けるのが特徴で、酸溶液が金型などの金属表面に付いた汚れを取り除き、再び品質の高い成形が可能になります。

酸洗いで金型は品質の高い成形が出来るようになります

金型とは部品の元となるもので、タイ焼きのフライパンのように、金型に樹脂材料やゴム材料を流し込んで形を作る時に利用するものです。
1日に何ショットもの成型を繰り返している内に、金型の表面は汚れが生じるようになります。
金型の表面に汚れが生じると、ゴム部品などの場合は切れが生じる、ゴム材料が上手く流れなくなりウェルドを発生させる、樹脂部品などの場合は気泡が出来る事もありますし、ひび割れが生じる、バリが出やすくなるなど、品質的に問題が生じやすくなります。
成形サイクルにもよりますが、金型の表面に汚れが目立つようになった時など、金型洗浄を行う事で表面の汚れをきれいに落とし、不良率を下げる効果に繋がります。
酸洗いは金型洗浄の中でもきれいに汚れを落としてくれる効果を期待出来ます。

酸洗とは、ステンレスなどの金属の表面に付いた酸化被膜や錆などを除去するために行う洗浄のことです。酸溶液に長時間漬け、金属の表面を酸で洗うという意味です。

© Copyright Clean Fast. All Rights Reserved.