酸洗いができるものってどんなもの?

酸洗いの技術と特徴の紹介

酸洗いとは、酸性の液体が金属に溶けるという性質を利用して、金属製品のバリを除去したり、角を丸めたり、表面をきれいにして防錆効果をもたらしたり様々な目的に対応します。液体につけるだけなので、設備がシンプルで一度に大量の製品の処理をすることができる利点もあります。ランニングコストが安いのでコストメリットの大きい工法です。精密部品の加工方法として採用され、回転物の部品としてバリなどの異物から動作不良を起こしたり、人が取り扱うときにけがを防止させたりする効果があります。最大の酸洗いの魅力は金属であればなんでも対応ができ、複雑な形状で手の届かないところでも液体が侵入することでの仕上げ効果や製品のサイズに制約条件がないので大型部品にも適用できることです。

酸洗いの留意点の紹介

酸洗いは、いろいろな管理が必要です。まずは、工程の管理です。金属に応じた最適な酸性の液体の種類の選定と処理時間の確定です。さらには前工程の管理が重要です。溶かすといってもミクロン単位ですので、バリの大きさや表面の状態を決めておく必要があります。これらを管理項目としてトライアルを繰り返して条件を決定していきます。つぎに、取り扱いの管理です。酸性の液体は人に有害ですので、手につかないように保護具を規定したり、臭気による人体への影響がありますので換気を徹底する必要があります。手順書でしっかりと周知徹底することが重要です。また、環境保全にも影響を与えますので、河川などに流出することがないように正しい廃棄方法を徹底することです。

メッキを施す金属表面処理は製品の品質を保つ利点があります。メッキによって金属製品に皮膜が形成され、強い防腐性を持たせることが可能です。また、塗装が剥がれにくくなるのもメッキ処理による利点の一つです。

© Copyright Clean Fast. All Rights Reserved.